法人税の課税所得

 

 「法人税」は法人に対する税金ですが、個人の所得に対して課される国税が「所得税」とされているため、法人の所得に対して課される国税を「法人税」としています。

 法人税は「各事業年度の所得金額」や「解散の場合の清算所得金額」に対して課税されますが、その所得金額(課税所得)と会計上の「利益」は異なります。

 

「利益」=「収益」-「費用」で計算し、会計上どれ位儲かったかを計算します 

※ 「収益」とは営業活動により生じた価値の増加をいいます
※ 「費用」とは「収益」を獲得するために消費される金銭をいいます

 

「課税所得」=「益金」-「損金」で計算し、収める税金の課税標準額を計算します 

※ 「益金」とは法人税の「課税所得」を計算する場合の対象となる「収益の額」をいいます
※ 「損金」とは「益金」から控除する「原価、費用、損失の額」をいいます
※ 「益金」「損金」は法人税法に規定されている税法用語です

 

 会計上の「収益」の大部分は「益金」に「費用」の大部分は「損金」となりますが、一部の「収益」「費用」は法人税法で定められる「別段の定め」により、会計上は「収益」であっても「益金」とならないものや、会計上「費用」であっても「損金」とならないものがあります。

 例えば「寄付金」は会計上の「費用」ですが、法人税法上は「寄付金の損金算入限度額」を超える部分は「別段の定め」により「損金不算入」となったりしますので、「収益」と「益金」、「費用」と「損金」は似ていますが、別物という事になります。