一括比例配分方式

 課税期間中の課税売上高が5億円超、又は、課税売上割合が95%未満の場合は、簡易課税制度の適用を受ける場合を除き「個別対応方式」又は「一括比例配分方式」により仕入控除税額を計算します。

 「一括比例配分方式」は「個別対応方式」のように「課税仕入等に係る消費税額」を区分経理する必要はありませんが、「一括比例配分方式」を選択した場合は、2年間以上継続適用した後の課税期間でないと「個別対応方式」に変更することができません。

 

一括比例配分方式による仕入控除税額

 

 一括比例配分方式による仕入控除税額は次の算式で計算します。

仕入控除税額 = 課税仕入等に係る消費税額 × 課税売上割合

 その課税期間中の「課税仕入等に係る消費税額」を「課税資産の譲渡等にのみ要するもの」「その他の資産の譲渡等にのみ要するもの」「課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要するもの」に区分経理している場合であっても「一括比例配分方式」で計算することができます。

 

継続適用と個別対応方式への変更制限

 

 「一括比例配分方式」を選択した場合は、その選択をした課税期間の初日から同日以後2年を経過する日までの間に開始する各課税期間において「一括比例配分方式」を継続適用した後の課税期間でないと「個別対応方式」へ変更することができません。