暦年課税贈与

 

 その年(1月1日から12月31日までの1年間)に贈与により取得した財産の価額の合計額が基礎控除額(110万円)を超える場合は、相続時精算課税贈与を選択していなければ、暦年課税贈与により贈与税の申告をしなければなりません。

 受贈者が多数の贈与者から贈与を受けた場合には、贈与者の区分に応じ、取得した財産の価額を合計し「財産の価額の合計額」とします。

 

贈与税の計算方法

 

 課税価格を下記の計算式から計算します

 

課税価格 = 取得した財産の価額の合計額 - 基礎控除額(110万円)

 
 上記で計算した課税価格に次の贈与税の速算表に応じた税率を乗じ控除額を控除します。

 

贈与税の速算表


贈与税の速算表 

 贈与者を区分し、下記速算表の課税価格に応じた税率を適用します。

 

 ・特例贈与(20歳以上で直系尊属から贈与を受けた場合)の贈与税の速算表

課税価格税率控除額
200万円以下 10% -------
400万円以下 15% 10万円
600万円以下 20% 30万円
1,000万円以下 30% 90万円
1,500万円以下 40% 190万円
3,000万円以下 45% 265万円
4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

 

 ・一般贈与(上記以外の場合)の贈与税の速算表

課税価格税率控除額
200万円以下 10% -------
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,500万円以下 45% 175万円
3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

 

特定贈与財産の価額の合計額が500万円であれば、

(500万円 - 110万円) × 15% - 10万円 = 485,000円

 と計算します。

 

特定贈与と一般贈与がある場合

 

  同一年中に特定贈与と一般贈与がある場合の贈与税額は、下記算式の合計額(①+②)となります。

 

                                        特例贈与財産の価額

① 特例贈与財産の贈与税額 × ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       特例贈与財産の価額 + 一般贈与財産の価額

 

 

                                 一般贈与財産の価額

② 一般贈与財産の贈与税額 × ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        一般贈与財産の価額 + 特例贈与財産の価額