贈与税の納税義務者と課税財産

 

 個人が贈与により財産を取得した場合は、住所地や贈与財産の所在地等により納税義務者を区分し、その納税義務者の区分に応じて贈与税の課税財産の範囲が決まります。

 

納税義務者の区分

 

居住無制限納税義務者 

・受贈者(贈与により財産を取得した者)の贈与時の住所地が日本国内にあること
(国籍は関係ありません)

 

非居住無制限納税義務者 

・受贈者が日本国籍を有していること
・受贈者の贈与時の住所地が日本国内でないこと
・受贈者又は贈与者(贈与をした者)のいずれかがその贈与前5年以内のいずれかの時において
  日本国内に住所を有していたこと

 

制限納税義務者 

・贈与財産が日本国内の財産であること
・受贈者の贈与時の住所地が日本国内でないこと
(非居住無制限納税義務者に該当する者を除きます)

 

贈与税の課税財産の範囲

 

 納税義務者の区分と贈与税の課税財産の範囲の関係は次のとおりです。

 

納税義務者の区分課税財産の範囲
居住無制限納税義務者
非居住無制限納税義務者
贈与により取得した財産の全部
制限納税義務者 贈与により取得した財産のうち日本国内にあるもの