一時所得

 

 一時所得とは

所得税法 第三十四条
(一時所得)

一時所得とは、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得及び譲渡所得以外の所得のうち、 営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で労務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいう

 とされており、

 

 具体的には、

・懸賞の賞金
・競馬や競輪の払戻金
・生命保険契約の一時金
・損害保険の満期返戻金
・法人から贈与された金品(業務に関するものを除く)
・人格のない社団等の解散により受ける清算分配金又は脱退により受ける持分の払戻金
・借家人が家屋の立退きに際し受ける立退料
・売買契約が解除された場合に取得する手付金又は償還金(業務に関するものを除く)
・遺失物取得者の報労金

 等が該当します。

 

一時所得の金額

 

 一時所得の金額は、次の算式で計算します。

一時所得の金額 = A - B - C

A = 総収入金額(懸賞金等で源泉徴収額がある場合は手取額に源泉徴収額を加算した金額)
B = 支出した金額(総収入金額を得るために直接要した費用)
C = 特別控除額(限度額50万円、控除前の金額が限度)

 

課税方式

 

 一時所得は、一時所得金額の1/2を他の所得の金額と合計して総所得金額を計算する総合課税となります。 ただし、懸賞金付預貯金等の懸賞金等、分離課税となるものがあります。