社会保険料控除

 納税者が自己又は自己と同一生計親族の負担すべき社会保険料を支払った場合又は納税者の給与等から控除される場合は、その支払った金額又は控除される金額を、その年分の所得金額(総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額)から控除します。

 これを「社会保険料控除」といいます。

 

社会保険料控除の対象者

 

 納税者が次の者のために支払った社会保険料が対象となります。

・自己

・同一生計親族 

 同一生計親族とは、勤務、修学等のため別居している場合であっても余暇には起居を共にすることを常例としている場合、常に生活費、学資金等の送金が行われている場合のその親族は「同一生計親族」とされます。(同一生計親族の所得の多少は問いません)

 

社会保険料の範囲

 

 次に掲げる保険料等が社会保険料控除の対象となります。

・健康保険の保険料
・国民健康保険の保険料
・後期高齢者医療制度の保険料
・介護保険の保険料
・雇用保険の労働保険料
・国民年金の保険料、国民年金基金の掛金
・農業者年金の保険料
・厚生年金保険の保険料、厚生年金基金の掛金
・船員保険の保険料
・国家公務員共済組合の掛金
・地方公務員等共済組合の掛金
・私立学校教職員共済法の掛金
・恩給納金の納金

 

前納保険料・追納保険料

 

 支払保険料のうち、その年中に納付期日が到来する保険料が社会保険料控除の対象ですが、前納の期間が1年以内の前納保険料については、その保険料の全額を支払った年の社会保険料として控除の適用を受けることができます。

 また、過年度分の保険料を追納した場合は、その保険料の全額が、支払った年の社会保険料控除の対象となります。