所得税の計算方法


 所得税の計算は、一年間の所得を種類ごとに区分した「各種所得の金額」から「損益通算」や「損失の繰越控除」を行い「課税標準」を計算します。「課税標準」から「所得控除額」を控除した「課税所得金額」に税率を乗じ「算出税額」を計算し、「算出税額」から「税額控除額」や「源泉徴収税額」を控除した「申告納税額」が決まります。

次のような流れで所得税額を計算します


各種所得の金額利子所得 ・配当所得 ・不動産所得 ・事業所得 ・給与所得退職所得 ・山林所得 ・譲渡所得  ・一時所得 ・雑所得

に区分して各種所得の金額を計算します
(上場株式等の配当等については「株式等に係る譲渡所得」を選択することができます)

arrow-down

課税標準 

「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「総合譲渡所得」の「損益通算」後の「合計所得金額」
・ 総所得金額
 (利子所得+配当所得+不動産所得+事業所得+給与所得
    +総合短期譲渡所得+総合長期譲渡所得×1/2+一時所得×1/2+雑所得)
  金融機関の預金利子は源泉分離課税となります

・ 短期譲渡所得の金額 (分離短期譲渡所得)
・ 長期譲渡所得の金額 (分離長期譲渡所得)
・ 株式等に係る譲渡所得等の金額 (株式等に係る譲渡所得、事業所得及び雑所得)
・ 先物取引に係る雑所得等の金額 (先物取引に係る雑所得及び事業所得)
・ 山林所得金額
・ 退職所得金額

から「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「総合譲渡所得」の「損失の繰越控除」を行い
課税標準を計算します

arrow-down

課税所得金額 

課税標準額から分離譲渡所得の「特別控除」がある場合は「特別控除額」を控除し、

・雑損控除 ・医療費控除 ・社会保険料控除 ・小規模企業共済等掛金控除
・生命保険料控除 ・地震保険料控除 ・寄附金控除 ・障害者控除
・寡婦(寡夫)控除 ・勤労学生控除 ・配偶者控除 ・ 配偶者特別控除
・扶養控除 ・基礎控除

の各種控除額を控除して

・課税総所得金額
・課税短期譲渡所得金額
・課税長期譲渡所得金額
・株式等に係る課税譲渡所得等の金額
・先物取引に係る課税雑所得の金額
・課税山林所得金額
・課税退職所得金額

を計算します

arrow-down

納付税額 

それぞれの「課税所得金額」にそれぞれの「税率」を乗じて「算出税額」を計算し、

・配当控除
・外国税額控除
・住宅借入金等特別控除

等々の各種の「税額控除額」を控除し、源泉徴収された金額がある場合には
「源泉徴収税額」を控除して「申告納税額」を計算します

さらに「予定納税額」があれば「予定納税額」を控除して「納付税額」を計算します