山林所得

 所得税には「山林所得」という所得の区分が設けられていますが、 山林所得とは「保有期間5年超の山林の伐採や山林の譲渡による所得」をいいます。

 また、課税方式は他の所得と合算しない分離課税で、5分5乗方式により所得税額を計算します。

 

所得税法第三十二条
(山林所得)

山林所得とは、山林の伐採又は譲渡による所得をいう。

山林をその取得の日以後五年以内に伐採し又は譲渡することによる所得は、山林所得に含まれないものとする。

 保有期間が5年以内の場合は、事業所得又は雑所得となります
 山林を伐採せずにその生立する土地とともに譲渡した場合のその土地は譲渡所得に該当します

 

山林所得の金額

 

 山林所得の金額は次の算式で計算します。

山林所得の金額 = A - B - C - D

A=総収入金額
B=必要経費(植林費、育成費、管理費、伐採費、搬出費、仲介手数料等)
C=特別控除額(「総収入金額-必要経費」と50万円のいずれか少ない金額)
D=青色申告特別控除額

 

概算経費

 

 山林所得の必要経費は、山林ごとの必要経費を計算するのが原則ですが、 山林は長期間に渡って育成されるものであり、山林ごとに必要経費を計算するのが困難であることから、 15年前の年の12月31日以前から継続所有していた山林を譲渡又は伐採した場合には、次の算式で計算した概算経費が認められています。

概算経費=(A-B)× 50%+B+C

A=伐採又は譲渡による収入金額
B=伐採費等の譲渡費用(伐採費、運搬費、手数料等)
C=災害による事業用資産の損失金額

 

青色申告特別控除額

 

 山林所得の青色申告特別控除額は、65万円の特例の要件を満たしている場合であっても最大10万円で、不動産所得、事業所得がある場合は不動産所得、事業所得の順に控除します。

 

所得税の計算方法

 

 山林所得に対する所得税は、次の算式で計算します(5分5乗方式)

(課税山林所得金額 × 1/5 × 税率)×5