譲渡所得

 

 譲渡所得は、土地、建物、株式、金地金等々の資産の譲渡による所得ですが、 棚卸資産の譲渡(継続的な営利目的の資産の譲渡を含みます)や山林の伐採や譲渡による所得は譲渡所得から除かれます。

 

譲渡所得の区分

 

 譲渡所得金額を計算するため、譲渡資産の種類に応じ、次の5区分に区分します。

 

分離短期譲渡所得

土地(借地権等の土地の上に存する権利を含みます)及び建物等の譲渡で、
譲渡年1月1日における所有期間が5年以下のもの

 

分離長期譲渡所得

土地(借地権等の土地の上に存する権利を含みます)及び建物等の譲渡で、
譲渡年1月1日における所有期間が5年超のもの

 

株式等に係る譲渡所得

株式等(株式、出資金等)に係る譲渡所得(ゴルフ会員権の譲渡を除きます)

 

総合短期譲渡所得

上記以外の資産(生活に通常必要な動産を除きます)の譲渡で、保有期間が5年以下のもの

貴金属、書画骨董等で1個又は1組の価額が30万円超のものは通常必要な動産に該当しません

 

総合長期譲渡所得

上記以外の資産(生活に通常必要な動産を除きます)の譲渡で、保有期間が5年超のもの

貴金属、書画骨董等で1個又は1組の価額が30万円超のものは通常必要な動産に該当しません