生前贈与加算(暦年課税)

 

 相続又は遺贈により財産を取得した者が、その相続開始前3年以内に被相続人から贈与により財産の取得をしたことがある場合は、その贈与財産(特定贈与財産及び相続時精算課税適用財産を除きます)の価額を相続税の課税価格に加算しなければなりません。
(贈与税の基礎控除額110万円以下の財産であっても加算します。)

 ただし、この贈与により課せられた贈与税額がある時は、相続税額からその贈与税額(被相続人からの贈与財産の価額に対応する部分に限ります)が控除(贈与税額控除)されます。

 

適用対象者

 

 相続開始前3年以内に被相続人から贈与により財産を取得した者で、次のいずれかの要件を満たす場合は生前贈与加算の適用があります。

・相続又は遺贈により財産(非課税財産を含む)を取得した者
・特定納税義務者(相続時精算課税適用財産のみを取得した者)
・みなし相続財産のみを取得した者

 

 

生前贈与加算額

 

 相続税の課税価格に算入される金額は、被相続人からの贈与財産で贈与税の課税価格計算の基礎に算入されたもののその贈与時の価額となります。

「住宅取得等資金の非課税」の規定により贈与税が非課税とされた部分は、加算されません。

 

特定贈与財産

 

 特定贈与財産とは、相続開始年の前年以前、又は、相続開始年に「贈与税の配偶者控除」の規定を受けた、又は、受けることができる場合の、「控除された金額に相当する部分」又は「控除されることとなる金額に相当する部分」をいいます。