遺産に係る基礎控除額

 

 相続人等(相続人又は遺贈により財産を取得した者)が取得した財産の課税価格の合計額(正味遺産額)が「遺産に係る基礎控除額」以下であれば相続税は発生しませんが、 「遺産に係る基礎控除額」を超える場合は、相続税の総額の計算を行い、その後、各人が納付する納付税額を計算していくこととなります。

 

遺産に係る基礎控除額

 

 課税価格の合計額から控除する「遺産に係る基礎控除額」は次の算式で計算します。

遺産にかかる基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

 

 法定相続人とは、相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合の相続人をいいます。
 法定相続人の数は、被相続人の養子について算入制限があります。

 

養子の算入制限

 

 法定相続人が多いほど「遺産にかかる基礎控除額」は増加しますので、意図的に養子縁組を行い養子の数を増やせば、相続税の負担が減少します。 このような事を防止するため、養子については、算入制限が設けられています。

 

 遺産にかかる基礎控除額の計算上、法定相続人の数に算入できる養子の数は次のとおりです。

被相続人に実子があるとき 1人
被相続人に実子がないとき  2人

 

 ただし、特別養子縁組により養子となった者や被相続人の配偶者の実子で被相続人の養子となった者については、算入制限は適用されません。