相続税の総額の計算

 

 わが国の相続税の課税方式は「法定相続分課税方式」といい、法定相続人が相続財産(相続税の課税価格を構成する財産)を「法定相続分」で分割したものとして「相続税の総額」を計算しますので、相続人等が遺産を実際にどのように分割したかは関係なく「相続税の総額」を計算することとなります。

 実際に財産を取得した相続人等の納付する相続税額は、「相続税の総額」を実際に取得した財産の課税価格に応じ案分し、「配偶者の税額軽減」や「贈与税額控除」等の適用後の税額となります。

 

相続税の総額の計算方法

 

 次のような流れで相続税の総額を計算します

 

・各人の相続税の課税価格の合計額を計算します

arrow-down

・「遺産に係る基礎控除額」を計算します
(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数)

arrow-down

・課税遺産額を計算します
(各人の相続税の課税価格の合計額 - 遺産に係る基礎控除額)

arrow-down

・課税遺産額を法定相続人が法定相続分に応じて取得したものとした場合の
 取得金額を計算します

arrow-down

・法定相続分に応じた取得金額に相続税の税率を乗じ各法定相続人の税額を計算します

arrow-down

・各法定相続人の税額を合計し「相続税の総額」を計算します

 

相続税の速算表

 

 下記の速算表を用いて「法定相続分に応じた取得金額」に応ずる税額を乗じ、控除額を控除します

課税価格税率控除額
1,000万円以下 10% -------
3,000万円以下 15%  50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円