各相続人等の相続税額

 各相続人等(各人)の相続税額は、「相続税の総額」を各人が実際に取得した財産の課税価格に応じ案分計算します。

 つまり、取得した財産が多い者は、取得した財産の少ない者に比べ相続税の税負担が大きくなります。

 

各相続人等の相続税額の計算方法

 

 例えば…

・法定相続人: 配偶者乙、長男A、次男B

・相続人: 長男A、次男B  (配偶者乙は相続放棄)

・取得財産の課税価格: Aの取得財産5,000万円  Bの取得財産1,000万円

 の場合…

 

 各相続人等の相続税額の計算方法は

・各人の相続税の課税価格の合計額: 5,000万円  + 1,000万円 = 6,000万円

・遺産に係る基礎控除額: 3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

・課税遺産総額: 6,000万円 - 4,800万円 = 1,200万円

・相続税の総額:
法定相続人 乙(1,200万円 × 1/2) × 10% =  60万円
法定相続人 A (1,200万円 × 1/4) × 10% = 30万円
法定相続人 B (1,200万円 × 1/4) × 10% = 30万円
-------------------------------------------------
                                   合計:120万円

・各相続人等の相続税額:
相続人A 120万円 × 5,000万円 / 6,000万円 = 100万円
相続人B 120万円 × 1,000万円 / 6,000万円 =  20万円
---------------------------------------------
                           合計:120万円

 と計算します。