相続税額の加算(2割加算)

 亡くなった方(被相続人)の財産は、残された配偶者や子供といった相続人へ引継がれるのが自然な流れですが、遺贈により相続人以外の者へ財産を与えることも可能ですし、兄弟姉妹が偶然にも相続人となり財産を取得する場合もあります。

 子供を飛び越し孫へ遺贈すれば、孫に相続税が課税されても相続税の課税を1回逃れることとなります。

 このような、偶然に財産を取得した場合や子供を飛び越し孫が財産を取得した場合等は、「相続税額の加算」制度により税負担の調整が図られています。

 

適用対象者

 

 「相続税額の加算」の対象となるのは、次に掲げる者以外の者となります

・被相続人の配偶者

・被相続人の一親等の血族(子供、親)

・代襲相続人である被相続人の孫

 養子は被相続人の一親等の血族に該当するため加算対象とはなりませんが、 代襲相続人でない孫が被相続人の養子となっている場合は加算の対象となります。

 

加算額

 

・算出税額(各相続人等の相続税額)に20%を乗じた金額