相次相続控除

 

 短期間に相続が続く場合は、長期間にわたって相続がなかった場合と比べて相続税の負担が重くなるため、 10年以内に2回以上の相続が開始したときは、「相次相続控除」により相続税の負担調整が行われます。

 

適用要件

 

 相次相続控除の適用は、次の全ての要件を満たす必要があります。

・第2次相続(2回目の相続)の被相続人が第1次相続(1回目の相続)の相続人であること

・第2次相続の被相続人が第1次相続で財産を取得し、相続税が課されたこと

・第1次相続開始から第2次相続開始までの期間が10年以内であること

 

適用対象者

 

 相次相続控除の適用対象者は、次の者に限られます。

・第2次相続の相続人

相続を放棄した者及び相続権を失った者が遺贈により財産を取得した場合は
「相次相続控除」の適用はありません

 

相次相続控除額

 

 相次相続控除額は次の算式で計算します

             C   D  10-E
相次相続控除額 = A × ────── × ── × ──────
            B-A  C   10

   C    100          100
 ────── が ────── を超えるときは ───────
  B-A   100          100

A = 第2次相続の被相続人が第1次相続で取得した財産に課せられた相続税額
B = 第2次相続の被相続人が第1次相続で取得した財産の価額(債務控除後)
C = 第2次相続の相続人及び受遺者の全員が取得した財産の価額の合計額
D = 控除対象相続人が第2次相続で取得した財産の価額(債務控除後)
E = 第1次相続から第2次相続までの年数(1年未満切捨)