相続税の納税義務者

 

 個人が相続又は遺贈により財産を取得した場合は、財産取得者の「住所地」「国籍」「居住年数」「取得財産の所在地」により納税義務者を区分し、その取得した財産に応じて課税財産の範囲が決まります。

 

居住無制限納税義務者

 

 居住無制限納税義務者の要件は次のとおりです

・財産取得者の住所地が国内であること
(国籍は関係ありません)

 

非居住無制限納税義務者

 

 非居住無制限納税義務者の要件は次のとおりです

・財産取得者が日本国籍有をしていたこと
・財産取得者の住所地が国外であること
・財産取得者又は被相続人のいずれかが相続開始前5年以内に国内に住所を有していたこと

 

制限納税義務者

 

 制限納税義務者の要件は次のとおりです

・財産取得者が日本国籍を有していたこと
・財産取得者の住所地が国外であること
・財産取得者又は被相続人のいずれかが相続開始前5年以内に国内に住所を有していないこと
・取得財産の所在地が国内であること
又は
・財産取得者が日本国籍を有していないこと
・財産取得者の住所地が国外であること
・取得財産の所在地が国内であること

 

特定納税義務者

 

 特定納税義務者の要件は次のとおりです

・贈与により相続時精算課税適用財産を取得した個人で「居住無制限納税義務者」
「非居住無制限納税義務者」「制限納税義務者」のいずれにも該当しない者であること