相続人

 

 人が死亡した場合には、死亡した者(被相続人)の財産を取得する権利(相続権)を有する者が相続人となりますが、その相続権は民法により規定されています。

 

民法第八百八十七条
(子及びその代襲者等の相続権)

被相続人の子は、相続人となる

第二項 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又はその相続権を失ったときは、
     その者の子がこれを代襲して相続人となる。
     ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない

第三項 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又はその代襲相続権を失った
     場合について準用する

 

民法第八百八十九条
(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)

次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、
次に掲げる順序の順位に従って相続人となる
第一号 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする
第二号 被相続人の兄弟姉妹

第二項 第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する

 

民法第八百九十条
(配偶者の相続権)

被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第八百八十七条又は
第八百八十九条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする

 

 上記をまとめると相続人(相続権を有する者)は次のようになります。

 

順位配偶者相続人血族相続人
第1順位 配偶者
(常に相続人)
被相続人の子及びその代襲相続人
第2順位 被相続人の直系尊属(例:父、母、祖父、祖母…)
第3順位 被相続人の兄弟姉妹及びその代襲相続人

 

 配偶者は存していれば常に相続人となれますが、その他の親族については、第1順位の者が存していれば第1順位の者のみが相続人となれ、第2順位及び第3順位の者は相続人となれません。

 第2順位の者が相続人となれるのは第1順位の者が存していない場合であり、第3順位の者が相続人となれるのは、第1・第2順位の者が存していない場合に限ります。

 相続人となるべき第1順位の子又は第3順位の兄弟姉妹が既に死亡している場合には、その死亡した者の子供等が親に代わって相続人となれます。これを代襲相続人といいます。 (第1順位の代襲に制限はありませんが、第3順位の代襲は一代限りです)