相続の承認・放棄

 

 民法第896条には「相続人は、相続開始の時から被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」と規定されており、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(債務)の承継も同時に事に行われます。

民法第八百九十六条
(相続の一般的効力)

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。 ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない

 

相続の単純承認

  通常、何もしなければ、民法第896条の規定により、相続人は被相続人の財産に属した 一切の権利義務を承継する事になります。これを相続の単純承認といいます。

相続の放棄

  しかし、被相続人の債務が財産を上回っているような債務超過の状態の場合に、残された相続人が被相続人の債務を背負わなければならないかというと、相続の開始があった事を知ったときから3月以内に「相続放棄申述書」を家庭裁判所に提出し、審判の結果受理されると、 債務を背負わなくてすむことになります。
 この場合には、相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない事となりますので、債務を背負わずに済みますが、当然ですが、プラスの財産も承継できない事となります。これを相続の放棄といい、相続の放棄を行うと相続人でなかったものとみなされます。

 

民法第九百三十九条
(相続の放棄の効力)

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす


 

相続の限定承認

 相続の放棄は相続の開始があった事を知ったときから3月以内に行わなければならないので、被相続人の債務がどの程度であるか不明でプラスの財産が残る可能性もある場合等は、相続の承認をすべきか、相続の放棄をすべきか悩ましい問題が起きます。

 この場合には、相続人全員が共同して相続の開始があった事を知ったときから3月以内に「相続の限定承認の申述書」を家庭裁判所に提出し、審判の結果受理されると、被相続人から相続によって取得した財産の範囲内で被相続人の債務の承継する事ができます。これを相続の限定承認といいます。

 しかしながらこの制度は相続人全員が同意しなければならず、意思統一が難しい事もありあまり使われていないようです。これに対して、相続の放棄は各相続人毎に選択できます。