法定相続分

 

 相続が開始されると相続財産は相続人に帰属する事になります。その帰属された相続財産は相続人の共有財産となり、各人の持分割合を法定相続分といいます。

 法定相続分は民法第900条に定められており、次のような割合となります。(法定相続分で遺産分割をしなければならないという事ではありません)

 

相続人の組合せ相続人法定相続分
配偶者と第1順位(子供等)の血族相続人 配偶者 1/2
血族相続人 1/2
配偶者と第2順位(父母等)の血族相続人 配偶者 2/3
血族相続人 1/3
配偶者と第3順位(兄弟姉妹等)の血族相続人 配偶者 3/4
血族相続人 1/4
配偶者のみ 配偶者 全部
第1順位(子供等)の血族相続人のみ 血族相続人 全部
第2順位(父母等)の血族相続人のみ 血族相続人 全部
第3順位(兄弟姉妹等)の血族相続人のみ 血族相続人 全部

 

 血族相続人が複数人である場合は、各人の法定相続分は相等しくなりますが、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の1/2、半血兄弟姉妹(父母の一方のみが同じである兄弟姉妹)の法定相続分は、全血兄弟姉妹(父母の双方が同じである兄弟姉妹)の1/2となります。